葬儀社に連絡する前の必要最低限の知識とは?

葬儀社に連絡する前の必要最低限の知識をご紹介します。

どんな葬儀にするか?

まずご自身が、どういう基準で業者を選ぶのか、どんな葬儀を行いたいのか、漠然としたものでもかまわないので、葬儀のイメージを持つことが大切です。

あまり費用をかけずにできるだけ簡素化する形式をとるのか、故人の社会的側面を重視し、幅広く故人の死を告知する形式をとるのか。葬儀の形式や種類にもさまざまなものがあります。しかし、まず、残された家族や社会で関わった方々すべてにご納得いただけるような葬儀のイメージを考えましょう。

他の業種と同様に、葬祭業者はそれぞれ個性をもっています。選ぶ基準は人それぞれ異なります。例えば、価格の安さを基準にする人もいれば、少々高くても内容の良さを基準にする人がいます。きめ細やかな対応を求めるのか、祭壇や棺等の使用する物にこだわるかなど。いくら利用経験のある方に紹介してもらった業者でも、自分の価値観や選択の基準が違えば満足できないこともありえます。なので、基準がしっかりとしていれば業者選びもうまくいきます

具体的に人数やスタイル、予算などの希望があればきちんと話して、プランや見積りを出してもらいましょう。

最低限葬儀前に考えておきたいこと
・葬儀の際の宗教、宗派
・遺影に使う写真
・葬儀に対する基本方針や希望の明確化
・参列者の目安人数(親族・その他)
・連絡先リスト(親族・その他)

事前に葬儀に対する正しい知識を身につけていれば、希望通りの葬儀は必ずできます。しかし、何の準備もない状態では、いくら良い葬儀社と葬儀担当者を見つけてもできることは限定されてしまいます。かかるものはかかりますので、普段から自分で調べ、複数社をしっかり比較してサービスや相場観を見極めておきましょう。

費用に関するトラブルの大半は、葬儀の際に様々な費用がかかることを遺族が認識していないか、葬儀担当者がそのことを遺族にしっかり伝えていないことにあるものです。

事前相談をぜひおすすめします。急な状態での選択では気が動転していることも多いんで、トラブルや失敗に結びつきやすくなります。前もって葬儀社を比べることで、担当者の良し悪しがある程度分かります。

見積り請求や、情報収集等によりよく比較検討することが、その後の契約トラブルを避けることにつながります。また、ご自身にとってもどんな葬儀がよいのか考えられる機会に恵まれるということも重要なポイントです。

その他に遺品整理などもあります。地域名を含めた遺品整理 名古屋などで調べると、数多くの遺品整理業者が出てきますので、遺品整理も行う様にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です