住宅ローンの完済は、マンション売却の必須条件である?

住宅ローンの完済は、マンション売却の必須条件であるかどうか、ご紹介します。

ちょうど私も、名古屋にあるデザイナーズマンションを売却予定です。

マンション売却をする人の中には、まだ売却予定のマンションの住宅ローンが残っているという人が案外多くいます。

すでに自分の所有しているマンションなので、売却するのはいつでも自由ではないかと考えてしまいがちですが、無条件に売却ができるというわけでもありません。

住宅ローンが残っている場合、そのマンションにはローンを組んでいる金融機関の抵当権が設定されています。この抵当権が抹消されない限り、自分の判断でマンションを売却することはできないのです。

住宅ローンが残っている状態で、マンションの売却によって得られる見込みの代金でローンを完済することができないのであれば、基本売却をすることができません。

このような場合、最も基本的な対処方法が、マンション売却によって得られた資金にプラスして、自分の個人資金を上乗せするという形で住宅ローンを完済するという方法があります。

これによってマンションを売却することが可能になりますが、住宅ローンの残りの返済を個人資金から行うというのは、なかなか簡単なことではありません。

住宅ローンを組むと、初期は返済金額のうちの利息分の比重が重くなっているので、元金がなかなか減っていかず、返済には想像される以上に多くの費用がかかってしまうと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

例として、仮に長期のローンを組んでいる状態で、返済が滞っているタイミングでマンション売却をするとなった場合は、その時点で金融機関に問い合わせをして、完済の必要があるローンの残りを確認し、その返済額をまかなうことができるだけの金額でマンション売却ができるのかを確認しておくのが良いでしょう。

マンションの売却額では住宅ローンを返済しきることができない状況の場合、安全策は、不足分をまかなうことのできるだけの資金を用意するか、安い金利の融資が受けられる状況になるまで、マンション売却はしない方が良いかもしれません。

そのような状況で住宅ローンの支払いが続けられない場合、ローンの保証会社が金融機関と組んだ住宅ローンの残高を代わりに支払うことになります。しかしその後、その保証会社に返済をしていかなくてはなりません。

結局その返済もできないということになると、結果的にマンションが競売にかけられてしまうようなことにもなりかねないのです。

競売という方法で出される売却額は、通常のマンション売却の売却額よりはるかに安価です。それによって返済額を少しは減らすことができますが、おそらくまだ残るローンの残高をその後も返済していかなくてはいけないのです。

マンションの売却額で住宅ローンが返済できないのであれば、足りていない分を自分の資金でまかなうことにより、マンションの売却を行うことができます。

しかし、個人の資金でもまかないきれないのであれば、金融機関から借り入れを行うなどして用意する必要があります。しかし、その融資によって住宅ローンを完済したとして、その後に借り入れた分を返済していくことのできる見込みがあるのかどうかをしっかり考えてから行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です