ブランド品を高く売る方法について。

ブランド買取専門店とは、その名の通り、ブランド品の買取りを専門に行っているお店です。

ブランド品をお店に持ち込むと、その場で査定員が査定をし、すぐに現金を受け取れます。

目の前で査定してもらえ、金額交渉も可能なので、ブランド買取店ならば、自分が納得した金額で売ることができます。

査定員がその場で査定するので、なぜその査定額になるのか、理由をきちんと教えてもらえる点がメリットです。

例えば、シャネルのバッグを持ち込んで、10万円という査定額になったとします。

査定額は、バックのモデルや色、サイズ、保存状態、年代などから査定されます。

査定員は「このモデルなら、本来は12万円のお値段がつきますが、バッグの内側にかなり傷がありますので、10万円にいたします」などという様に、理由を細かく説明してくれます。

なので、納得して売ることができ、査定額アップの交渉もできます。

ブランド品を売るなら、ブランド買取専門店がおすすめです。

ブランド買取専門店は、ブランドのことをよく知っているプロの査定員が査定しているので、査定額が信頼できるでしょう。

一方、ブランドを専門に扱っていないお店は、正確な査定がされているかどうか疑問が残ります。この様なお店のスタッフは、ブランドの正確な価値を知りません。

なので、本来の査定額よりも、低い査定額を付けられてしまう可能性があります。

ブランド品にいくらの値が付くのかわからない方には、ブランド買取専門店がおすすめです。ブランド品にいくらの値が付くのかわからない方には、ネットオークションはあまりおすすめできません。

ネットオークションを利用するなら、事前にいくらで売れるのか相場をしっかり調べておかなければいけません。そうしなければ、安く買いたたかれてしまうことがあります。

たとえば、20万円の値がつくブランド品なのに、相場が分からず1万円で出品して、結局5万円で落札されてしまうこともあります。

他に、10万円の値がつくブランド品なのに、相場が分からず1万円で出品して、結局2万円で落札されてしまうことさえあります。これはもったいないことです。

しかし、ブランド買取専門店で売るのでしたら、その様なリスクはないでしょう。

お店によって多少の差はあっても、ブランド品に見合った査定額を出してくれるはずです。ブランド買取専門店で、相場の価格から外れた査定額を提示されることは、まずありません。

売ってしまいましたら、新たにブランドバックを買わなくても、ブランドバックレンタルショップがありますので、そちらを利用するもの良いでしょう。

住宅ローンの種類には、何がある?

住宅ローンを借りたら、長期に亘って返済をしていくことになりますが、住宅ローン商品にもいろいろなタイプがあります。どの商品を選ぶかによって適用される金利や返済額が違ってきます。

ここでは、適切な資金計画を立てるために、住宅ローンの仕組みと商品ごとの特徴を知っておきましょう。

金利は低ければ低いほど、利息が少なくなり、総返済額も少なくなります。例えば1,000万円を借りて35年で毎月元利均等返済をしていく場合、金利が4%の場合と3%の場合では総返済額で約244万円の違いが出てきます。

一般的に住宅ローンでは、ローンの申込時ではなく、ローンの実行時の金利が適用されます。つまり、住宅ローンを申し込んだときに確認した金利より、 実際に借り入れる際の金利が高くなってしまうリスクもあります。特に、完成前の新築分譲物件を購入する場合など、ローンの実行が物件の完成後となるので、金利の上昇リスクも考えて余裕のある資金計画を立てておくと良いでしょう。

借入額1,000万円を35年で返済。金利が1%違うと利息は約244万円の差があります。

毎月返済額 総返済額(利息分)
金利3% 38,485円 約1,616万円(約616万円)
金利4% 44,277円 約1,860万円(約860万円)

※毎月元利均等返済(ボーナス返済なし)の場合

元金と利息の返済方法には大きく2種類あります。毎回返済する「元金と利息」の合計額を一定になるように設定したものが「元利均等返済」で、毎回返済する元金の返済額を一定にしたものが「元金均等返済」です。

元利均等返済は、毎月の返済額が一定となるので、家計の予定を立てやすくなります。しかし、元金均等返済と比較すると元金の返済ペースが遅く、借入期間が同じであれば、元利均等返済の方が総支払額は多くなります。

一方で、元金均等返済では、元金の返済を早く進められるというメリットはありますが、借入当初の毎月の返済額が多くなってしまいます。ただし、当初の返済負担を重くしても、早く元金の返済を進めていきたいという場合、元金均等返済を選択したほうが有利です。

元利均等返済の住宅ローンしか扱っていない金融機関が多いので、借り入れを検討する際には各金融機関の住宅ローン商品について早めに確認しておきましょう。

元利均等返済と元金均等返済

元金に対して、金利をどのように設定するかによって、様々な商品タイプがあります。主なものは3つです。

完全固定金利型

完全固定金利型は、借入期間中の金利がずっと固定される商品です。金利固定期間に金利の上昇が想定されるような場合、変動金利型等より当初の適用金利は高くなりますが、借入期間中に金利が変動したとしても、住宅ローンの返済額は借入当初の予定から変わりません。

変動金利型

変動金利型は、半年ごとに金利が見直され、その金利の動きをもとに5年ごとに返済額が見直されるタイプです。ただし、金利の変動に伴って返済額が上昇する場合においても、従来の返済額の1.25倍までという上限が定められています。金利の上昇局面では一般的に、完全固定金利型に比べて当初の適用金利は低めになっていますが、その後の金利上昇リスクを負うことになります。

固定期間選択型

固定期間選択型は3年間、5年間など、一定期間は金利が固定されていて、その期間が終了した時点で、再度金利を設定し、その金利によって返済額が見直されるタイプです。固定する期間の選択肢は、金融機関によって異なります。固定期間終了後の金利が大幅に上昇していた場合、変動金利型のような返済額上昇幅の上限がないので、返済額が大幅に増える可能性があります。

その他、銀行ローンには、複数の商品を組み合わせるタイプや、変動金利型でも上限金利が設定されているタイプなど、様々な商品があります。

住宅ローンによって、利用できる商品タイプが限られている場合があります。財形住宅融資では、5年間は固定金利が適用になる5年固定金利型のみ、フ ラット35(住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローン)は完全固定金利型のみです。

住宅ローンが通り、新居を買う場合、地域名で調べると良いでしょう。例えば「新築 名古屋市」「新築 武蔵村山市」などで検索しましょう。

葬儀社に連絡する前の必要最低限の知識とは?

葬儀社に連絡する前の必要最低限の知識をご紹介します。

どんな葬儀にするか?

まずご自身が、どういう基準で業者を選ぶのか、どんな葬儀を行いたいのか、漠然としたものでもかまわないので、葬儀のイメージを持つことが大切です。

あまり費用をかけずにできるだけ簡素化する形式をとるのか、故人の社会的側面を重視し、幅広く故人の死を告知する形式をとるのか。葬儀の形式や種類にもさまざまなものがあります。しかし、まず、残された家族や社会で関わった方々すべてにご納得いただけるような葬儀のイメージを考えましょう。

他の業種と同様に、葬祭業者はそれぞれ個性をもっています。選ぶ基準は人それぞれ異なります。例えば、価格の安さを基準にする人もいれば、少々高くても内容の良さを基準にする人がいます。きめ細やかな対応を求めるのか、祭壇や棺等の使用する物にこだわるかなど。いくら利用経験のある方に紹介してもらった業者でも、自分の価値観や選択の基準が違えば満足できないこともありえます。なので、基準がしっかりとしていれば業者選びもうまくいきます

具体的に人数やスタイル、予算などの希望があればきちんと話して、プランや見積りを出してもらいましょう。

最低限葬儀前に考えておきたいこと
・葬儀の際の宗教、宗派
・遺影に使う写真
・葬儀に対する基本方針や希望の明確化
・参列者の目安人数(親族・その他)
・連絡先リスト(親族・その他)

事前に葬儀に対する正しい知識を身につけていれば、希望通りの葬儀は必ずできます。しかし、何の準備もない状態では、いくら良い葬儀社と葬儀担当者を見つけてもできることは限定されてしまいます。かかるものはかかりますので、普段から自分で調べ、複数社をしっかり比較してサービスや相場観を見極めておきましょう。

費用に関するトラブルの大半は、葬儀の際に様々な費用がかかることを遺族が認識していないか、葬儀担当者がそのことを遺族にしっかり伝えていないことにあるものです。

事前相談をぜひおすすめします。急な状態での選択では気が動転していることも多いんで、トラブルや失敗に結びつきやすくなります。前もって葬儀社を比べることで、担当者の良し悪しがある程度分かります。

見積り請求や、情報収集等によりよく比較検討することが、その後の契約トラブルを避けることにつながります。また、ご自身にとってもどんな葬儀がよいのか考えられる機会に恵まれるということも重要なポイントです。

その他に遺品整理などもあります。地域名を含めた遺品整理 名古屋などで調べると、数多くの遺品整理業者が出てきますので、遺品整理も行う様にしましょう。

敷布団とマットレスの違いや選び方について。

日本人ならやっぱり敷布団派でしょうか?それともおしゃれなベッドやマットレス派?それぞれのメリット、デメリットを理解して自分にあった寝具選びをしましょう。

敷布団とマットレス
寝具を選ぶ際、敷布団にするかマットレスにするか迷う方もいると思います。

どちらにもメリットがあり、どちらが上というわけではありません。しかし、人によって体に適した寝具は違うので、2つの違いをちゃんと理解して体にフィットする方を選びましょう。

敷布団

敷布団のメリットは、上げ下ろしをするのでスペースを取らないこと、また、簡単に天日干しができるということです。

湿気がこもるのを防げるので清潔に保てて、打ち直しをすることで長期間使用することができます。

また、素材の種類が豊富なので幅広い選択肢から選ぶことが可能です。

しかし、背筋がまっすぐに伸びるので体にはいい半面、床からの圧力を受けるので、腰痛持ちの人にとって体に負担がかかってしまいます。

それに、床と近いのでホコリを吸いやすく、アレルギーのある人には向いていません。

マットレス

一方で、マットレスはベッドに敷いたまま使用するので、場所を使ってしまいますがいちいち上げ下ろしをする必要がありません。

また、床から距離があるので、床の温度や湿度の影響を受けにくく、吸い込むホコリの量も少なくて済みます。

さらに、反発力があるマットレスは寝返りが打ちやすく、体全体をホールドしてくれて寝心地が良いのが特徴です。

しかし、体全体を支えるので、敷布団に比べてへたりやすく寿命が短いです。

どちらを選ぶかは、実際横になって寝心地を確かめることが必要です。

また、自分の普段の睡眠時の姿勢を考慮しましょう。

横向きで寝ることが多い人は、肩と腰に圧力が強くかかるので、薄い敷布団よりも弾力のあるマットレスの方が体に負担がかかりません。腰痛の人の場合、腰にかかる圧力を分散できる高反発のマットレスが向いているでしょう。

マニフレックスなど、自分に合った寝具選びをしましょう。

「マニフレックス社」は、50年以上の歴史を有するマットレスメーカーです、今では全世界75カ国に販路広げるイタリアを代表するグローバル企業であり、創業以来環境に対する責任を果たすことに、様々な種類のヨーロッパ認定機関から栄誉ある認定を得てまいりました。

創業者ジュリアーノ・マニは、元プロの自転車ロードレーサーで、イタリアの国民的スターでもあります。現在イタリアの古都フィレンツェ郊外のプラトー市の本社工場から年間400万本以上のマットレスが、テクニカルの専門家、研究員、780名を超す従業員の直接管理のもと全世界に向け出荷されています。国立フィレンツェ大学と長期にわたりエルゴノミックス(人間工学)に関する共同研究をすすめ、製品に反映されています。